今後、太陽光発電の売電価格はどうなる?今から導入してメリットある?

売電価格

太陽光発電の売電価格が毎年下がっています。

そのため太陽光発電は、今から導入してもメリットが少ないのでは・・・
と思っていませんか?

この売電価格がなぜ下がっているのかご存知でしょうか?
この下がる理由を知れば、太陽光発電システムを今導入するメリットがわかります。

では、詳しく説明しましょう。

太陽光発電による余剰電力買取制度は売電価格が毎年引き下げられている

太陽光発電パネルは、かつて高額な設備投資が必要だったために、普及が進んでいなかった実情があります。

2009年以前は太陽光発電により余った電気を電力会社が自主的に買い取る制度により、1kwhあたり10数円~20数円の買取でした。

火力発電所から出るCO2排出量削減のために、2009年に固定買取価格制度が作られたわけです。

固定買取価格は、住宅用は出力抑制有り48円/kwh、出力抑制無し24円/kwhでした。

2018年度には住宅用出力抑制有り28円/kwh、出力抑制無し26円/kwhと順次下がっています。
産業用全量買取に至っては、2017年度より入札制度が開始されている状況です。

太陽光発電に集中しすぎたことで太陽光発電パネル価格が値崩れしている

国の政策により始まった固定買取価格制度は、2つの理由により順次引き下げられています。

1つ目は、九州地方を中心として高い固定買取価格を見込んだ太陽光発電所が次々と建設されたために、太陽光発電パネル価格が値崩れしたことです。

太陽光発電導入価格が高いから固定買取価格を高くしていたので、安くなればその分だけ固定買取価格を下げられます。

高値で買い取った電気は、一般家庭が事実上負担することになるので最小限にしたいわけです。

2つ目は、東日本大震災が発生して福島第一原発事故により全国の原子力発電所が停止したことにあります。

京都議定書とパリ協定により、CO2排出規制目標値が厳しい中で火力発電所のフル稼働が迫られました。

昼間しか発電出来ない太陽光発電による買取が、電力会社の重荷となっている状況です。

これ以上太陽光発電投資が加熱しないように、売電価格は本来の市場価格に戻す時期になっています。

売電目的から自給目的に考え方を切り替えるとお得になる

太陽光発電システム価格が値崩れして安くなったことは、売電目的ではなく自宅で使うために導入しやすくなったことを意味します。

一戸建て住宅の屋根部分に太陽光パネルを設置すれば、日差しが遮られることも無く昼間は太陽光発電により得た電気で生活可能です。

売電価格が安くなっても自宅で使う電気を作って自給すれば、昼間に支払う電気代はごく僅かです。

オール電化と組み合わせれば、深夜電力により貯湯式給湯設備を導入出来るので、購入する電力は特に安くなります。
売電目的では利益が出にくくても、自給目的ならお得になるわけです。

ガスよりも安全で低価格なオール電化が良い

安全性が考慮されているとはいえ、ガス代として月6,000円以上支払っていれば払いすぎです。

オール電化へ切り替えた時のガス代相当分の電気代は、4人家族で月6,000円以内となります。

また、オール電化への切り替えは、高齢者が直火を扱う火災リスクを避けられます。

ガスを廃止すれば、ガスの基本料金を払う必要が無くなるので、基本料金という使わなくても料金を徴収される無駄を無くせるわけです。

オール電化の設備ならば、異常を知らせる監視システムが付いているので、故障時には修理または設備交換をするだけと手間がかかりません。

昼間は太陽光発電システムにより給電し給湯は深夜電力で安く使う

オール電化と太陽光発電システムを組み合わせて導入すると、昼間在宅時は太陽光発電による電気を使い、外出時は売電します。

激安価格で使える深夜電力を使って貯湯式給湯器にお湯をためておけるので、熱効率が優れたヒートポンプユニットと組み合わせれば安いです。

帰宅後から就寝時までの電気代は通常価格となりますが、昼間外出している間の売電を考えると高くありません。

発電所は電気の需要と供給が急激に変化しても、発電をすぐに止めたり出力を上げたり出来ません。

24時間安定して供給することを得意としているわけです。

深夜電力を有効利用することは、こまめに止められない発電所の余剰電力を安く買って使うことを意味します。

オール電化と太陽光発電システムを組み合わせると光熱費が激安になる背景は、発電所に対しても優しいことが理由です。

大規模災害への備えとしてオール電化と太陽光発電システムは最強

地方に在住している人ほど、安い都市ガスを選べずに自由価格とは名ばかりの高値安定したプロパンガスを使っています。

知らないうちに値上げされる重量立法単価と、強引な営業を受けたことがある人もいるはずです。

東日本大震災の後に災害に強い給湯システムとして、プロパンガスの営業が強引な営業をしていることがニュースにもなりました。

しかし、ガス給湯器は電気が無ければ動かないので、ガスの復旧が早いという宣伝文句は逆に電気無しにガスは使えないことを意味します。

一方、オール電化と太陽光発電システムの組み合わせならば、ガス不要で昼間は太陽光発電システムにより電気を自給可能です。

貯湯式給湯器は、断水時にタンク内の水とお湯を専用コックから使えるよう改良されています。

大規模災害が何度もあるとは限らないので、オール電化と太陽光発電システムのシステムに切り替えれば、同時に災害対策にもなるわけです。

まとめ

現在ガスと電気を使っているならば、毎月1,500円以上年間2万円前後も無駄です。
ガスと電気の両方の基本料金を払うことになるからです。

大規模災害時にオール電化は弱いというガス事業者による営業トークは、電気が無ければガス給湯器が使えないことを露呈しました。

太陽光発電システムとオール電化を組み合わせると、大規模災害に強いだけでなく災害への備えにもなります。

国の政策として始まった再生可能エネルギーの固定買取価格制度は、太陽光発電パネル価格の値崩れに繋がりました。

価格が下がった太陽光発電システムを電気の自給目的で導入すれば、オール電化との組み合わせで光熱費削減と災害対策を同時に行えます。

→ 一括見積もりサービスはどこを利用すべきか?

コメントは受け付けていません。