太陽光発電システムはいまさら導入すべきか?

太陽光の導入を検討

この記事を書いた人
執筆者:ライディーン
自己紹介:太陽光発電システムに2012年から投資した経験から自宅にも太陽光発電システムを導入しようと考えました。投資目的とは異なり自給自足のためと割り切れば、価格が安くなった今の方が家庭向けには得だと実感しています。


太陽光発電システムの導入時期は、電気の固定買取価格下落により既に過ぎていると考えがちです。

しかし、資料には投資目的での太陽光発電所建設の話が多いので、住宅用太陽光発電システムとは別に考えなければなりません。

自宅に設置する太陽光発電システムは投資用と事情が異なる

自宅の屋根に太陽光発電パネルを設置すると、小さな発電所が自宅に出来た状態となります。

売電収入により設備投資額を回収するためには、10年を目安にすると良いことまではイメージしやすいです。

しかし、大規模な太陽光発電所を建設する場合の収支計算と、自宅の屋根に設置する住宅用太陽光発電システムでは、同じ考え方が成り立ちません。

なぜなら、家庭に設置する太陽光発電パネルで発電して、すぐに自宅で使えば電力会社から購入する電気を減らすことが出来るからです。

売電時の固定価格買取制度は、太陽光発電システム導入から10年間固定価格買取が行われます。

固定買取価格が下がったことのみ着目すると、既に導入時期を失したと考えがちです。

しかし、毎日使う電気を昼間は自宅でほとんどコストを掛けずに生産出来ると考えれば、話は全く変わります。

太陽光発電システムの維持費は安い

太陽光発電が再生可能エネルギーと呼ばれるのは、太陽光は毎日欠かさず降り注ぐからです。

曇りや雨の日であっても太陽光発電が可能なことは、実際の資料を取り寄せるまで知らない人も多いくらいです。

1度設置した太陽光発電システムは、消耗品の交換程度しか掛からないので年間の維持費が安くなっています。

余った電気を売電することが出来るので売電価格に注目しがちですが、発電した電気をすぐに使えばその分だけ電力会社から電気を買わずに済みます。

買わずに済んだ電気料金を積算すれば、売電価格とは関係無く実質的な償却期間は10年以内となる家庭が多いです。

だからこそ、固定買取価格が下がっても太陽光発電システム導入に良い時期は過ぎていないわけです。

30年使える太陽光発電システムを導入すれば安く電気を使える

太陽光発電システムに使われる太陽光パネルは、技術開発により耐久性と発電効率に優れた製品が既に普及しています。

30年間使える太陽光発電パネルを導入すれば、消耗品の交換だけで発電を続けてくれます。
その間に電力会社に支払うはずだった電気料金は、太陽光発電システム料金を遥かに超えるはずです。

設備投資額を10年以内に回収できると試算出来れば、11年目からの売電価格が安くても損することはありません。

電気を自給自足出来ることは、大規模災害時にも電気を自宅で使えることを意味します。

オール電化がまだならすぐにでも導入すべき

東日本大震災を契機として更に普及が進んだオール電化をまだ導入していないならば、すぐにでも導入すべきです。

なぜなら、オール電化と太陽光発電システムは相性が良く、深夜電力を使った貯湯式給湯システムは災害にも強いからです。

ヒートポンプ式の貯湯式給湯システムは、熱変換効率がガス給湯器よりも良く、CO2排出量1/2の効率が出せます。

加えて深夜電力料金は、昼間の電気料金と比較して1/6に設定されているのでお財布にも優しいわけです。

深夜電力は継続利用しつつ、昼間の電気を自給して余剰電力のみ売電すれば、帰宅後から就寝前までの電気代を売電により賄える可能性があります。

売電しなければならないという考え方を改めよう

太陽光発電システムの導入時期の判断が難しいと考えている人は、投資用の太陽光発電所建設向け資料を読んでいることが多いです。

太陽光発電システムを導入したら、必ず余剰電力を売電しなければならないという考え方を無くせば、今が導入時期として適していることが分かります。

太陽光発電による電気固定買取価格は、1kwあたりの全国平均設備投資額により10年以内に回収可能な額として設定されています。

複数の設置業者に対して見積もり依頼しても分からなければ、単純に見積もり総額を出力kw数で割ったkw単価を比較するだけです。

2018年ならば32万円/kwhがkw単価となっていますが、2012年には45万円/kwh以上でした。

同じ発電能力であっても、太陽光発電システム導入費用がいかに下がっているか分かります。

最初から自給自足を視野に入れて太陽光発電システムを考えれば、すぐに導入したくなるはずです。

見出し6 自給自足目的で太陽光発電システムを選ぶなら蓄電池システムの追加導入を視野に入れる

太陽光発電システムを住宅設備向けに考える場合、自給自足目的で見積もりを取得すれば割安なことに気が付きます。

既に太陽光発電パネル価格は1度暴落しているので、耐久性が増した最新のパネルを安価に購入出来る状態です。

現在でもまだ価格が下がっていない周辺装置として、大型蓄電装置システムがあります。

太陽光発電システムにより発電した電気を大容量蓄電池に貯めて夜間に使うためのシステムです。

実は、太陽光発電パネルメーカーにより追加で大型蓄電装置システムを追加出来るシステムが開発されています。

価格が安くなってから蓄電装置を導入すれば良いので、売電価格が下がり切る前に太陽光発電システムを導入して設備投資を早期回収すると良いです。

蓄電池システムは、価格がこなれてからの追加導入設備として視野に入れれば十分と考えられます。

まとめ

太陽光発電システムは、広く普及したことにより太陽光発電パネル価格が大幅に安くなっています。

太陽光発電による売電価格として、固定価格買取制度が残っている間に導入すれば、10年以内に設備投資額を回収出来る目安となります。

住宅設備向けの太陽光発電システムは、売電目的で導入するよりも維持費がほとんど掛からない太陽光発電システムにより自給自足するつもりが良いです。

まだ価格が高い蓄電池システムは、安くなってからの追加導入設備と考えれば、固定買取価格が底になる前に導入すれば良いと気が付くはずです。

コメントは受け付けていません。